リーグエディタメモ

Sports Interactive\Football Manager 2010\tools\editor での作業浸透メモ

■ 10月30日のメモ

File - Load Datebase より基礎dbを読み込み。
※今回より、editorで特定のdbを指定するメニューは出てこず。

Databaseの読み込み終了後、例としてCompetitions(大会) 「Japan」で検索したところ81recordが表示。

リーグ戦および登録済みの架空クラブは骨組みのみ。中身は入力すべし。
・Nihon-League 1(チーム登録有り)
1030-07

・Nihon-League 2(チーム登録有り)
1030-08

・Japanese Football League(チーム登録有り)
・Japanese University League(チーム登録有り)
・Japanese National Regional League(チーム登録無し)
他、地域リーグ、県リーグ。
※Japanese Soccer League は扱いが謎。

カップ戦は2008、もしくは2009年までのhistory付きで登録されている。
・Japanese Emperor's Cup
・Japanese League Cup
・Japanese Super Cup
・Japan-South America Championship
1030-01
1030-02


気になる新規のリーグ登録は【Add Nation Rules】より、下記を選択。
・Nationは - Other Nations - Japan
・Create New Competitions And Rules
※Nations - Japanは国や代表であり、リーグエディタにあらず。
1030-03

Nation Rulesの設定として、新シーズンの更新日を決定する。
Jリーグの開幕時期が通年3月第1週から最終節が12月第1週、天皇杯が翌年元日と踏まえて、
・Season Update Day : year.1.17(開幕まで1ヶ月半前)
・Season Start Date : 2009.2.1(開幕まで1ヶ月前)
・Season End Date : 2010.1.1(天皇杯決勝)
※Test Nation RulesでSeason Update Day がValid(適用される)になれば、正常な更新日。
他、クラブの下位ReserveやU-18などの設定、選手の移籍期間やイエロー/レッドカードの設定も行う。
1030-04

続いてリーグ戦やカップ戦を追加する。
リーグ戦登録は「Single Divison」、カップ戦は「Contains Sub-Divisons」となる。
1030-05



■ Single Divison登録
competitonsから対象を選択するとクラブ数が決定される。
Single Divisonの設定として
・Number of Roudns      :総当り回数
・Sub Rules          :ベンチ登録と交代可能枠
・Number of Promotion Place :自動昇格数
・Number of Relegation Place :自動降格数
・Match Day          :試合の日
1030-06

ゆくゆくは下記のようになれば...。
1030-09

  • 最終更新:2009-10-30 23:48:25

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード